第35回中丹文化芸術祭「中丹写真展」入賞作品  
 ◎審査員 椎﨑義之(写真家)総評 

 昨年からのコロナ禍が続き色々心配をしていましたが例年の一般部門、初心者部門に加え今回は第35回という節目での記念部門にも応募される方も多く、たくさんの作品を見させていただくことができました。中でも記念部門のテーマ「道」では、テーマが明示されていることで最終イメージが湧きやすいのか、一貫してタイトルと作品が繋がり、納得させられる作品ばかりでした。また発想も多岐に渡り見応えがありました。もちろん一般部門も初心者部門も写真は素晴らしいのですが、なんとなく被写体に撮らされていると感じる作品もあることは確かです。自分のテーマを持つことは改めて大切だと感じました。
 作品それぞれのクオリティは昨年に比べ、非常に高くなったように感じました。基本的な部分での失敗は少なくなり、最終の作業のプリントの良い作品が多くなったように思います。もちろん額装も含めてです。人に見てもらうわけですから最後まで気は抜けません。これは本当に大切なことです。
  こんな時期だからこそ、写真を撮ることや見ることで心を潤すことができるのは、写真の力だと思います。今回写真展を見て頂き少し興味を持った方や、出品していただいた方々も、自分が感じたことや感動したことなどを大切に、記録でもいいのでどんどん撮影して残してみませんか。きっと後で見返すと大切なものになることでしょう。

◎記念部門 「道」をテーマにした作品
 知事賞 
ノスタルジックロード
水谷洋子(福知山市)

 記憶の中にあるどこか昔に見たような、そんな感覚に包まれました。モノクロで仕上げたことが懐かしさを感じさせ、作者のタイトル通りのイメージを強く表現することができたのでしょう。トンネルを現在と過去の記憶の出入り口だと想像してみたり、色んな見方ができる面白い作品です。知事賞おめでとうございました。

  実行委員長賞
旅愁
大内昌男(福知山市)

 流れるような構図、逆光の中浮かび上がる線路やススキなどを見せる露出など全体的によく考えられていると思います。赤い光は夕方の景色を、消えゆく線路は寂しさを。。タイトル通り見る者にそれぞれの旅愁を感じさせてくれる完成された作品になっています。

  実行委員長賞
すぎゆく秋
種谷裕行(舞鶴市)
 

 ふと美しいと呟いてしまいそうな作品です。落ち葉も見られて、そろそろ秋も終盤に向かう様子と道の向こうが消えゆくような雰囲気が侘び寂びを感じさせます。プリント用紙の選択も良かったです。光沢感が少し抑えられているのでより落ち着きが増しました。

  奨励賞
頂へ
中山茂樹(綾部市)

 まず険しい山肌の質感が精細に描写されていて迫力満点です。その色のない中を縫うように進むカラフルな登山者の列や、頂上を目指す人々とそこに立ちはだかる壁のような山肌など、対照的な関係も面白いです。作者がその先に見るであろう光景を見てみたいと思いました。

  奨励賞 
難所も絶景
築山忠則(綾部市)

 富士山と高速道路などの光跡の組み合わせは本当に絶景ですね。長秒露光での車の赤白の光跡の交わりをうまく撮影することができています。撮影時の時間帯の選び方も良かったです。昔の絶景も姿を変えながら現在そして未来と続いてゆくと思うと感慨深いものです。

  奨励賞
帰り道
堀島信之(福知山市)
 

 子供たちが列を作って進むにつれて、自然と赤い落ち葉の中に道ができていくようで、子供たちは楽しく歩いていることでしょう。列を真正面に配置して撮影したことでその様子が伝わってきます。きっといい思い出になっていることでしょう。

  奨励賞
天上への道
松岡秀雄(舞鶴市)

 広角レンズで左右対称に捉えた構図は大胆で、力強い構図となり見るものを惹きつけます。また色を変えたことにより、現実味が薄らぎ何か記憶の中の映像を見ているような感覚になります。本当に天上に向かう道があるようです。イメージを表現する効果的な調整でした。  

  奨励賞 
僕の道
島本和美(舞鶴市)

 僕の道というタイトルですが、よく通るのでしょうか。トンネル内の電球の色と外の色が相まって不思議な空間になっています。またいわゆるトンネル構図で出口に意識が向かい、向こうの世界に吸い込まれていくような不思議な感覚になるのが面白いです。

         一般部門入賞作品    初心者部門入賞作品      審査員・委嘱作家作品