第35回中丹文化芸術祭「中丹写真展」入賞作品  
 ◎審査員 椎﨑義之(写真家)総評 

 昨年からのコロナ禍が続き色々心配をしていましたが例年の一般部門、初心者部門に加え今回は第35回という節目での記念部門にも応募される方も多く、たくさんの作品を見させていただくことができました。中でも記念部門のテーマ「道」では、テーマが明示されていることで最終イメージが湧きやすいのか、一貫してタイトルと作品が繋がり、納得させられる作品ばかりでした。また発想も多岐に渡り見応えがありました。もちろん一般部門も初心者部門も写真は素晴らしいのですが、なんとなく被写体に撮らされていると感じる作品もあることは確かです。自分のテーマを持つことは改めて大切だと感じました。
 作品それぞれのクオリティは昨年に比べ、非常に高くなったように感じました。基本的な部分での失敗は少なくなり、最終の作業のプリントの良い作品が多くなったように思います。もちろん額装も含めてです。人に見てもらうわけですから最後まで気は抜けません。これは本当に大切なことです。
  こんな時期だからこそ、写真を撮ることや見ることで心を潤すことができるのは、写真の力だと思います。今回写真展を見て頂き少し興味を持った方や、出品していただいた方々も、自分が感じたことや感動したことなどを大切に、記録でもいいのでどんどん撮影して残してみませんか。きっと後で見返すと大切なものになることでしょう。

◎初心者部門
 奨励賞 
胡蝶花
奥村純矢(福知山市)

 初心者部門ですが、そうは見えない完成度です。視点も普通に綺麗だから見る、撮るではなくて表現をされています。少し暗い背景の前で力強い光に照らし出される花の姿は独特で面白いです。最後にそのイメージをタイトルでも表現できるともっと伝わるでしょう。

  奨励賞

太田ゆら(舞鶴市)
 もう一目見ると、可愛さに吸い込まれてしまいます。このごろごろとしている様子がストレートに伝わってきて、作者の猫に向ける眼差しも感じられます。シャッターチャンスでしたね。自由な雰囲気に癒される作品です。
  奨励賞  
女の子
小林夏妃(舞鶴市)
 

 色味や構成を意識して、静物画を描くようにメイク道具を丁寧に撮影されていることが非常に良かったです。広告のようなイメージができています。ただ下の方が少し窮屈な感じがあるので少し減らすとスッキリするでしょう。身の回りを見渡すと、意外に被写体がたくさんありますね。

              一般部門入賞作品    記念部門入賞作品     審査員・委嘱作家作品