第36回中丹文化芸術祭「中丹写真展」入賞作品  

 ◎審査員 椎﨑義之(写真家)総評
   

今年こそはと、大勢の方が見守る中、僕にとっては、初めての公開審査となりました。
参加して頂いた皆さんと実際にお会いし、お互い写真の話ができることは、このご時世何にも変え難いものだと改めて感じました。

審査は力作ばかり、難航しました。どういうことを表現したいのか、訴えたいのかを紐解くように作品と向き合います。
光を読みながら上手く捉えているものや、独自の感性で表現されているものなどが選ばれました。
応募作品は非常にに完成度が高くて甲乙付けがたく、そこでは少しの拘りが大きな結果の違いとなってきます。
作品のどういうところが良くて(伝わって)どこが足りない(伝わらない)か。
被写体の良さを見極めれているか(散漫になっていないか)、自分の伝えたい事を自分で認識できているか。
撮影技術だけでなく、誰もが良いと思うだろうでなく、自分が本当に何を表現したいかを改めて、時に考え、再認識する事が停滞ではなく前進するきっかけになると思います。僕は今年で審査は終了となりますが来年からは、新しい審査員が新しい目で皆さんの作品を見ます。中丹写真展がより盛会に、皆さんの写真撮影がより実りあるように祈ってます。
3年間本当にありがとうございました。


◎審査員・委嘱作家
 審査員
悠久

椎﨑義之
  委嘱作家
清澄

安達秀敏(綾部市)
  委嘱作家  
 イエローライン

和久秀輝(福知山市)

  委嘱作家
 
春の女神

大地洋次郎(福知山市)  
           一般部門入賞作品   初心者入賞作品