綾部市中央公民館

綾部市中央公民館の使用許可申請書のダウンロードは下記のリンクからお願いします。
※申請書は2枚1組です。sheet(2)も合わせて提出してください。

エクセルダウンロード(58KB)
申請書エクセルのイメージ

中丹文化会館2023年新春チラシ

第36回中丹文化芸術祭
「短歌・俳句・川柳公募2022」入賞作品

短歌部門

  • 知事賞

    朝食に付きしおしぼりの温かさ今日退院のわが手を包む

    綾部市 河北 幸代

    実行委員長賞

    なにが良いたずねられたら花柄の大きな傘と言おうか嫁に

    綾部市 林 孝子

  • 優秀賞「一」

    今日よりは明日と歩数を増やしゆく再び友と歩く日のため

    綾部市 近江 瑞子

    家族ある暮らし懐かし独り居の夕餉はテレビの音量上げて

    綾部市 村上 國枝

    小さき背にランドセル揺らし帰り来る少女の一日あれこれ詰めて

    綾部市 富本 澄子

  • 優秀賞「二」

    入籍の報告のみの子の結婚日づけくっきり日記に留む

    舞鶴市 瀬野 幸子

    湾内に汽笛の満ちて別れ告ぐ「しらせ」の巨艦旅立ちの朝

    舞鶴市 田端 みつ子

  • 秀作「一」

    窓の外に呼ばれたような気配して見上ぐる空の月と眼が合う

    福知山市 荻野 道子

    青田波さわさわそよぐ里山に悠悠と舞ふコフノトリ二羽

    綾部市 村上 冨佐江

    白南風がカーテン揺らすふはりふは食後の吾れを昼寝に誘ふ

    綾部市 本田 須美子

  • 秀作「二」

    池水の波紋はゆっくり広がりて泣き面の子を双手にすくう

    舞鶴市 田中 昭子

    じゃが芋の芽の出できたり朝の陽にさみどり光る風にゆれつつ

    綾部市 長岡 みつゑ

  • 入選「一」

    小さき手甲蚕まつりのなつかしきグンゼの小橋に並ぶ写真は

    綾部市 高倉 暉世子

    舅姑も夫も知らざり八十歳(はちじふ)となりてひとりに畑守る日々は

    綾部市 井田 美洋子

    散歩道行く先々に止まりおりガイド楽しむシオカラトンボ

    福知山市 山本 淳

  • 入選「二」

    母と待つ石油ストーブ赤あかとデイのお迎え四年目の朝

    舞鶴市 中田 ひろ子

    黒豆がちょんちょんちょんと芽生えきて四分音符の背比べのごと

    綾部市 村上 とみ子

    蕗を摘みトマトの腋芽欠き取りつゆび先染めて里山に住まう

    綾部市 稲葉 和恵

  • 選者特選賞「一」

    井田 眞理子 選

    入籍の報告のみの子の結婚日づけくっきり日記に留む

    舞鶴市 瀬野 幸子

    四方 照代 選

    舅姑も夫も知らざり八十歳(はちじふ)となりてひとりに畑守る日々は

    綾部市 井田 美洋子

    杉浦 郁子 選

    朝食に付きしおしぼりの温かさ今日退院のわが手を包む

    綾部市 河北 幸代

  • 選者特選賞「二」

    田中 悦子 選

    窓の外に呼ばれたような気配して見上ぐる空の月と眼が合う

    福知山市 荻野 道子

    馬場 眞由美 選

    湾内に汽笛の満ちて別れ告ぐ「しらせ」の巨艦旅立ちの朝

    舞鶴市 田端 みつ子

    早川 禮子 選

    なにが良いたずねられたら花柄の大きな傘と言おうか嫁に

    綾部市 林 孝子

  • 選者特選賞「三」

    松下 二三夫 選

    小さき手甲蚕まつりのなつかしきグンゼの小橋に並ぶ写真は

    綾部市 高倉 暉世子

    安田 美智子 選

    入籍の報告のみの子の結婚日づけくっきり日記に留む

    舞鶴市 瀬野 幸子

    吉見 謙治 選

    今日よりは明日と歩数を増やしゆく再び友と歩く日のため

    綾部市 近江 瑞子

俳句部門

  • 知事賞

    一枚がゆれて千枚青田波

    舞鶴市 瀬野 尚志

    実行委員長賞

    山あいの水を分け合い田水張る

    綾部市 横山 美和子

  • 優秀賞「一」

    表門開け剪定の始まりぬ

    福知山市 塩見 瑞代

    雲海の静寂にひびく寺の鐘

    綾部市 藤 聖子

    晩学の一知一忘山笑ふ

    福知山市 𠮷本 加代子

  • 優秀賞「二」

    二つ目の駅はコスモス縄電車

    福知山市 有本 六

    正座して僧の背扇ぐ団扇かな

    舞鶴市 松本 実千枝

  • 秀作「一」

    寄せ書きのボール握りて卒業す

    綾部市 太田 由美

    直会の窓開け放ち河鹿笛

    舞鶴市 小原 芙美子

    海の風すこしおくれて貝風鈴

    福知山市 古旗 みさき

  • 秀作「二」

    いいことの無くてひと日へ水を打つ

    綾部市 岩波 信子

    海へ出て海より美しき夏の蝶

    舞鶴市 土肥 たか子

    蝌蚪生るる限界集落水旨し

    綾部市 塩尻 幸子

  • 秀作「三」

    朝蝉の声をひとつに始まれり

    舞鶴市 苳 羊右子

    白靴の夫さつそうと退院す

    綾部市 入澤 久美子

    竹皮を脱ぎ少年の夢真っ直ぐに

    福知山市 松尾 心月

  • 入選「一」

    屋根こゆる竹切り出して天道花

    舞鶴市 瀬野 尚志

    草の上忘れ物めく蛇の衣

    綾部市 安村 小千代

    万緑や産声あぐる子の拳

    綾部市 太田 由美

  • 入選「二」

    藩校の藩主の小部屋新樹光

    福知山市 足立 綾子

    初めての句は褒められてソーダ水

    福知山市 芦田 美幸

    稲刈機通し渋滞解かれたり

    福知山市 前﨑 とし江

  • 入選「三」

    若鮎の鱗(うろくず)ひかる早瀬かな

    舞鶴市 𠮷田 裕志

    夏立つや弛みほどよき舫ひ綱

    舞鶴市 浅奥 尚司

  • 入選「四」

    海見ゆる席に移りてソーダ水

    舞鶴市  東 祥恵

    燕の巣家賃滞納八年目

    綾部市 片岡 幸子

  • 選者特選賞「一」

    安達 あき子 選

    やわやわと酔うて花見の八十路づれ

    綾部市 大槻 武揚

    飯田 尚子 選

    海の風すこしおくれて貝風鈴

    福知山市 古旗 みさき

    岩木 茂 選

    雲海の静寂にひびく寺の鐘

    綾部市 藤 聖子

  • 選者特選賞「二」

    大槻 祐二 選

    晩学の一知一忘山笑ふ

    福知山市 𠮷本 加代子

    衣川 善一 選

    鎌にぎる移住の人や漆掻

    福知山市 古旗 みさき

    小竹 且正 選

    就農を決めし夫婦の日焼顔

    福知山市 河野 正一

  • 選者特選賞「三」

    佐藤 節子 選

    スライダー古稀挑戦の大南風

    舞鶴市 佐藤 雅子

    塩見 蛙子 選

    二つ目の駅はコスモス縄電車

    福知山市 有本 六

    四方 禎治 選

    一枚がゆれて千枚青田波

    舞鶴市 瀬野 尚志

  • 選者特選賞「四」

    田中 佐知子 選

    表門開け剪定の始まりぬ

    福知山市 塩見 瑞代

    福井 久生 選

    山あいの水を分け合い田水張る

    綾部市 横山 美和子

    山下 朝香 選

    梅漬けに母嫁入りの古き壺

    綾部市 大槻 武揚

川柳部門

  • 知事賞

    ひと呼吸いれて風向き青にする

    福知山市 細見 玲子

    実行委員長賞

    我が人生ムダなページが少しある

    綾部市 伊治 典子

  • 優秀賞「一」

    ひと言が添え木となって出る一歩

    福知山市 秋山 惠美子

    穏やかに枯れて花野の土になる

    舞鶴市 長谷川 かつこ

    ぬくもりは心を変える魔法だね

    綾部市 寒河江 明美

  • 優秀賞「二」

    揺れながら大きく伸びてゆく若樹

    福知山市 細谷 美代子

    空一枚咲かす花火の私語を聞く

    福知山市 山口 栄子

  • 秀作「一」

    ハンドバックよ昔は恋も入れたのに

    福知山市 小橋 美絵

    膨らんだ夢に向かって帆を上げる

    福知山市 足立 和子

    繋がりは素朴で太い木綿糸

    福知山市 北山 和美

  • 秀作「二」

    惑星に住んで命の水守る

    福知山市 田中 百合子

    切なさや石ころチョンと蹴ってみる

    福知山市 佐藤 新子

  • 入選「一」

    マスクして目に物言わせ今を生く

    福知山市 石坪 徹郎

    陣取りの上手な雑草に負けました

    福知山市 上山 加津代

    ぬくもりを求めネットの海泳ぐ

    福知山市 樋口 やよい

  • 入選「二」

    大空に翔んでみようか青リンゴ

    福知山市 横川 和子

    八月九日松尾あつゆき読み想う

    福知山市 根垣 万里子

    膝に乗せ今日を話す子抱きしめる

    福知山市 近藤 明美

  • 選者特選賞「一」

    大槻 美代子 選

    穏やかに枯れて花野の土になる

    舞鶴市 長谷川 かつこ

    木戸 利枝 選

    空一枚咲かす花火の私語を聞く

    福知山市 山口 栄子

  • 選者特選賞「二」

    田辺 洋子 選

    揺れながら大きく伸びてゆく若樹

    福知山市 細谷 美代子

    永峯 八重 選

    ひと呼吸いれて風向き青にする

    福知山市 細見 玲子

ヤング短歌部門

  • 特選

    該当なし

  • 佳作

    風が吹きあたり一面笑ってる黄色く染まるひまわり畑

    綾部市 𠮷永 麗加

    八月に頬をぬらした夕立で気合を入れろまだ終われない

    舞鶴市 森本 悠人

    照る太陽熱い熱いよと走る君キラリと光る君の横顔

    舞鶴市 佐竹 めい

  • 入選

    該当なし

ヤング俳句部門

  • 特選

    桜咲き慣れない制服皆同じ

    福知山市 橋本 麻奈

  • 佳作

    グラウンド球追ふ球児汗光る

    綾部市 桑木 維真

    夏祭り三年ぶりの大はしゃぎ

    福知山市 田中 美紅

  • 入選「一」

    青色に飛び込んでいく夏休み

    綾部市 原 紫玲

    夏の夜川辺を見れば光あり

    福知山市 坂本 愛海

    せーのーでまつかなスイカ種飛ばし

    福知山市 向井 なな

  • 入選「二」

    金魚達私の恋もゆらしてく

    福知山市 西田 美優

    会議する輪の中心は扇風機

    福知山市 大﨑 葵

ヤング川柳部門

  • 特選

    該当なし

  • 佳作

    上見れば空に広がる虹色の花

    舞鶴市 梅田 侑愛

    梅雨の時期ひびく雨音かさの群れ

    舞鶴市 加賀屋 太一

  • 入選

    三十度温暖化進む六月の昼

    舞鶴市 藤原 愛花